川上信也|最後の審判

川上信也

川上信也

作品タイトル

最後の審判

推薦団体

シナリオ・センター

制作プロダクション

ジャンゴフィルム

プロフィール

1976年京都府生まれ。映像制作会社にて数多くのCM、MVなどを演出。国内外の賞を多数受賞後、フリー。2014年きりゅう映画祭にて「KI・RYU」を脚本・監督、世界の映画祭で上映される。2018年「桃の缶詰」を脚本・監督。SSFF&ASIA札幌国際短編映画祭などで上映され、全国で劇場公開。同年、ndjcに選出され、「最後の審判」を脚本・監督。2019年短編、國村隼主演「願いのカクテル」を脚本・監督。2020年短編「ドッキング!」を脚本・監督。同年1月アップリンク吉祥寺にて「川上信也短編作品集」公開。

最新情報

最後の審判

川上信也

ストーリー

日本最高峰の東京美術大学の受験に挑む稲葉は浪人5年目。今年で最後の挑戦と決めている。試験は2日間で描き上げる人物着彩。試験開始の直前に平然と現れる独特な風貌の初音。しかし試験がはじまると初音はとてつもない画力で他者を圧倒する。稲葉も初音の絵を意識するあまり自分の絵を描くペースを見失ってしまい、1日目の試験が終了してしまう。怒りに震える稲葉、ゆらりと歩く初音に声をかけ初音の画力の秘密を聞き出す。初音の個性的な絵を描くスタイルは路上で似顔絵を描いてきた中で培ってきたものだった。

出演

須藤蓮、永瀬未留、黒沢あすか、荒谷清水

スタッフ

監督・脚本
川上信也
製作総指揮
松谷孝征(VIPO理事長)
製作
特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)
プロデューサー
坂野達哉
撮影
田中智仁
美術
高橋泰代
照明
根岸 謙
録音
品川大
装飾
小林美智子
編集
鈴木真一
衣装
浜辺みさき
ヘアメイク
橋本申二、中麻衣子
助監督
森 裕史
制作担当
藤川佳三

制作プロダクション

ジャンゴフィルム

©2019VIPO

pagetop

Copyright © ndjc All Rights Reserved.