ndjcとは

ndjc:若手映画作家育成プロジェクトとは…

文化庁が主催する「短編映画製作等を通じた若手映画作家人材育成」(「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」)は、次代を担う若手映画作家の発掘と育成を目的に、映像産業振興機構(VIPO)が文化庁から委託を受けて2006年度より運営する人材育成事業です。具体的には、若手映画作家を対象として、ワークショップや製作実地研修をとおして作家性を磨くために必要な知識や本格的な映像製作技術を継承することに加え、上映活動等の作品発表の場を設けることで、今後の活動の助力となるよう支援します。

本年度の製作実地研修では、おもにシナリオ開発と完成尺25分以上30分以内の短編映画の製作を行います。これまでの製作実地研修参加作家と完成作品については、各年度のページをご覧ください。

ndjc…「New Directions in Japanese Cinema」の略。当プロジェクトのコンセプトは、日本映画の新しい方向性と可能性を指し示すことのできる、「次代を担う人材」の発掘・育成をすることです。

ndjcとは

pdfダウンロードはこちら

ndjc2021スーパーバイザーの紹介&メッセージ

事務局では、プロジェクトの実施にあたり東映衛星放送株式会社 代表取締役社長 香月純一氏にスーパーバイザーをお引き受けいただきました。

香月純一(かつき じゅんいち)氏プロフィール

1958年生まれ。1982年東京大学卒業後、東映株式会社入社。
テレビ企画営業第一部に配属され、数多くのTVドラマをプロデュース。2005年(映画)企画製作部に異動し映画をプロデュース。2010年企画製作部長。2012年東映衛星放送株式会社代表取締役社長(現任)。主な作品は、TV『相棒』、『はみだし刑事 情熱系』、土曜ワイド劇場『西村京太郎トラベルミステリー』、WOWOW版『月はどっちに出ている』『リョーコ!!』、関西テレビ・月曜サスペンスシリーズ、映画『相棒 -劇場版-』、『相棒 -劇場版II-』、『鑑識米沢守の事件簿』、『相棒シリーズ X DAY』、『アキハバラ@DEEP』、『さまよう刃』、『苦役列車』など。

ndjcとは

スーパーバイザーからのメッセージ

みなさんは仕事、学業、映像制作でたいへん困難な中に置かれています。
閉塞感と不自由さを感じていることでしょう。しかし、自分と向き合い、脚本と向き合う中でピンチをチャンスに変えていってほしいと思います。
ndjcはプロとの真剣勝負の場です。ぜひ新たな一歩を踏み出してください。待っています。

VIPO(映像産業振興機構)とは…

VIPO(映像産業振興機構)は、わが国の映画、放送番組、アニメーション、ゲーム、音楽等を国際競争力ある産業とし、映像コンテンツ産業の発展を通じて日本経済の活性化に寄与することを目的とするNPO法人です。 2003年に設置された知的財産戦略本部の支援を受け、アメリカのAFI(American Film Institute)やイギリスのUKFC(U.K. Film Council)に相当するような映像産業の振興組織として設立されました。

pagetop

Copyright © ndjc All Rights Reserved.