和島 香太郎|第三の肌

和島 香太郎

和島 香太郎

作品タイトル

第三の肌

推薦団体

DigiCon6

制作プロダクション

ハニーバニー

プロフィール

1983年、山形県生まれ。京都造形芸術大学卒業。07年、BS-TBS先生道と東京少女シリーズで短編ドラマの演出を手掛ける。11年に短編『WAV』がフランス/ドイツ共同放送局arteで放映。12年、『小さなユリと 第1章・夕方の三十分』がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭で奨励賞受賞。同映画祭10周年特別企画「あなたが選ぶベスト3」では1位に選ばれる。14年、監督作の『禁忌』、脚本を担当した『欲動』が公開。その他、『マンガ肉と僕』(脚本)が公開を控えている。

最新情報

第三の肌

和島 香太郎

ストーリー

「贈物をするとは触れることであり、官能であるのだ。あなたはわたしが触れたものに触れるだろう。第三の肌がわたしたち二人を結びつけるのである」(「恋愛のディスクール・断章」ロラン・バルト、三好郁朗訳、みすず書房刊)。ある夜の悲惨な襲撃でピアノを燃やされたホームレス・ピアニストに、千香は新たなピアノを贈る。

出演

りりィ、唐橋 充、川村 悠椰、上村 祐翔、海鋒 拓也

スタッフ

監督・脚本
和島 香太郎
製作総指揮
迫本 淳一(VIPO理事長)
製作
ndjc2008事務局(VIPO)
プロデューサー
鈴木 浩介
撮影
鍋島 淳裕
照明
三重野 聖一郎
録音
福田 伸
美術
桜井 陽一
音楽
笛岡 俊哉
編集
掛須 秀一
スタイリスト
水野 美樹子
ヘアメイク
遠山 直美
助監督
落合 崇
制作担当
内山 亮

制作プロダクション

ハニーバニー

©2009VIPO

pagetop

Copyright © ndjc All Rights Reserved.